トライアスロンのスイム練習 其の弐

トライアスロンのスイム練習其の壱では、完泳出来る様になる方法を紹介しました。

トライアスロンのスイム練習 其の壱

全く泳げない状態からでも2~3か月あれば、制限時間内に泳ぎ切れるレベルの泳力は備わります。

一般的なショートディスタンスでのスイム制限時間は大体50分~60分。

50mを90秒ペースで泳いだとして、45分で1500mです。

スイム完泳の目安は50m90秒ほどのペースなのです。

 

ただトライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目を連続して行うスポーツ。

後の2種目の為にもスイムでタイムの貯金をしておきたいものです。

距離を泳げるようになった後はぜひスピード練習に取り組んでみて下さい。

 

スイムを速くする練習方法

 

スイム練習で遠泳ばかりしていませんか?

トライアスロンのスイムはオープンウォータースイミングなので、競泳よりかなり長い距離を泳ぎます。

なので普段の練習もひたすら長い距離を泳ぐ。これは間違いです。

どれだけ長い距離を泳いだとしても速くはなりません。

マラソンに例えるとLSDをやってるにすぎないので速くはならないのですね。

今までより速く泳ぐ為にスピード練習を行いましょう。

 

スイムのスピード練習とは?

スイムにおけるスピード練習といっても何も難しいことはありません。

比較的短い距離をキツイペースで泳ぐ練習です。

ランニングでいうインターバルトレーニングですね。

レースペースが50m90秒なら、50mを80秒とか85秒で泳ぐ。これを何本か繰り返します。

 

具体的にはサークルと言って時計を見ながら行います。(プールには大体大きな時計が設置してあります)

「50m1分40秒サークル10本」とすれば、50mを85秒で泳いで15秒休んでまた泳ぐ。

これを10回繰り返す。そんな練習です。80秒で泳いだら20秒休めるわけです。

 

もちろん50mじゃなく25mや100mでも構いません。

大事なのはレースペース以上のハードなペースで泳ぐこと。

こういう練習を繰り返し行っていると50m90秒ペースでしか泳げなかった人も85秒ペースで泳げるようになります。

85秒ペースで泳げるようになったら、「50m1分30秒サークル」にして50mを75秒で泳ぐ練習に切り替えます。

そうです。スピード練習に終わりはないのです(笑)

 

私が普段行ってる練習

私はトライアスロンの1500mなら大体25分程度の泳力です。

小さなトライアスロン大会なら、そこそこ速いレベルですがトップレベルではありません。

そんなレベルの私が行ってる練習はこんな感じです。

(ちゃんと競泳してた人が見たら笑われるかもですが)

 

練習時間50分~55分くらい

アップ、200m (ペースは考えない)

キック、2分30秒サークル100m3本(100m2分10秒前後のペース)

プル、1分50秒サークル100m3本 (100m1分30秒前後のペース)

スイム1、1分45秒サークル100m10本 (100m1分25秒前後のペース)

スイム2、1分サークル50m10本 (50m40秒前後のペース)

ダウン、200m

合計2500m

 

こんな感じです。全てクロールで泳いでます。

そしてこんな練習を市民プールでやってたら周りから浮きます(笑)

泳いでるコースに人が入って来なくなることもあります(笑)

 

皆さん強いメンタルをもってスピード練習に取り組んでみて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です